オタクの勝ち組と負け組の差って何?あの人達は何が自分と違う?

リア充は何も、非オタクな人だけの専売特許では無いんですよね。かなりのヘビーなオタクな趣味の人でも、美人な奥さんや彼女がいる方も、勿論います。顔の良さに恵まれている人も確かにいますが、大抵は、そんなに顔の良くなく、普通かそれ以下の人達ばかりです。では、彼らは非リア充の方々と何が違うのでしょうか?一つに、同じオタクでも、作り手側に回っている人は、強い、と言う事です。オタク趣味が高じて、それを職業にしてしまった、作家さんや、シナリオライター、グラフィッカーや、漫画家さん。クリエイターになった方々は、全員ではありませんが、ちゃんと彼女さんや奥様がいる方が多い傾向にあると思います。

何故か?それは、仕事をする上で、どうしてもコミュニケーション能力は最低限いるからです。オタク文化のそれぞれの作品は、よっぽどの事が無い限り、そのクリエイター一人で作品を完成させる事は不可能です。普通の社会人が、普通に仕事する上で大切な「報告・連絡・相談」、所謂「ほうれんそう」がちゃんと出来ない人間には、作品を完成させる事はまず出来ません。そして、そのコミュニケーション能力を同僚なり、関係者の女性との間で発揮出来れば、恋愛に発展する事は、そう難しくない訳です。ただ、オタクな人達が全て、クリエイターになれるかと言ったら、勿論違います。

そして、別にクリエイターではなくても、重度のオタクでありながら、リア充と呼べる生活をしている方々も少なからずいるのです。その人達と、普通のオタクの人達は一体何が違うのでしょうか?コミュニケーションスキル?それも勿論あるでしょう。ですが、一番は、「行動力」かもしれません。オタク趣味の人達や、非リア充の人達の傾向として「諦めている」人が多いのです。「自分はどうせダメな人間なのだから、恋愛をしようと思っても無理だ」と言う考えで、全く行動を起こさない人がいます。実はこれが一番ダメなのです。宝くじは買わないと当たらない、と言うのと同じです。女性にアクションを起こさない限り、彼女が出来る事は永遠にありません。まず、彼女とかが欲しかったら、一番は行動を起こす事である事を、覚えておいてください。